平成最後の日に思うこと

雑記
スポンサーリンク
モッピー!お金がたまるポイントサイト
スポンサーリンク
モッピー!お金がたまるポイントサイト

いよいよ平成の世も最後の日を迎えました。

202年ぶりの生前退位となられる天皇陛下には仮想通貨取引にでも興じられながら、ごゆっくりとお過ごしになられる事を願います。

( *´艸`)

思えば昭和から平成へ改元された頃には、仮想通貨など夢のまた夢というような時代であったと振り返ると実感するのです。

携帯電話ですら携帯出来ないサイズのものでしたし、パソコンがデスクトップ型しかない、ワープロというギリギリ持てる盾みたいな重装備感のあるアイテム等、懐かしい頃でした。

そんな平成初期を少年時代として過ごした私は野球にバレーボールにサッカーと、球技にハマり込む日々でした。思えばよく動いていたな~と・・・・

そんな時に出会った歴史の一端があります。

三国志

多くの人がハマるこの時代。日本の戦国時代と双璧を成す人気を誇るこの時代。

私はそのスケールとスピード感が溜まらなく好きでした。

諸国列強を束ね上げ、ついには3国により中国という広大な大地を埋め尽くすというストーリーはロマンであり、壮大な叙事詩でもあります。
歴史を遡れば世界各国似たような時代があるものですが、ここまで胸躍らせるようなストーリーはなかなかありません。

そう、それは正に現代のこの時代に生まれた仮想通貨そのものとも言えるのです!!!

すみません・・ちょっと言ってみたかっただけです。。。

しかし、通貨の歴史も人が作ってきたもの。時代背景が違えど、流れは似たようなものにあります。

今あるビットコインですら、いつ何時、他のものに取って代わられるか分かりません。
リップルなのか、イーサリアムなのか、はたまた新興勢力なのか。

それは法定通貨であるドル・円・ユーロも同じです。価値の向上に努める事はどのシーンでも同じです。

その昔、列強に伍する為、多くの知恵と工夫を駆使した者がいたように、同様に力と技を磨いたものがいたように、今般の仮想通貨界は日々研鑽あるのみなのです。

令和の時代を制する

平成を制した競走馬は紛れもなくディープインパクト。
平成を制した野球選手は紛れもなくイチロー。
平成を制した日本企業は紛れもなくトヨタ自動車。

時代のトップに君臨するというのは誰でも出来る事ではありません。が、だからこそ目指す価値があると思うのです。

令和時代を制するのはビットコインなのか、リップルなのか、イーサリアムなのか。
今はまだ誰も知らないモノなのか。

大正→昭和→平成と時代を追う毎に、物事の進むペースは速くなっています。
この流れは令和の世も続きます。更に加速するでしょう。

そんな時代を制するものに今から触れていく努力を、私は続けていきたいと思います。
日々アンテナを張り巡らせて、日々様々な情報に目を通し、様々な人に会いに行き、様々な行動と決断を実行していく。
これまで以上にアクティブに。

人生は一度きり

それを教えてくれたのは、平成という時代でありました。

おわり

コメント

タイトルとURLをコピーしました