2019有馬記念の予想と買い目

競馬のはなし

今年も来ました有馬記念。
数あるG1レースの中でも年度末の総決算的な、締めのレースとも言える特別な感覚になるレース。
普段は馬券も買わない、競馬も見ないような人々でさえ興味を引くレース。

その年に活躍した競走馬が集結するという正にグランプリ。

そんな有馬記念の中でも今年は特にメンバーが揃った印象。
馬券予想も楽しいですが、競馬ファンとして純粋に楽しめるレースとなりそうです。

令和最初のグランプリホースとなるのはどの馬なのでしょうか。
今から非常に楽しみです(^O^)

しかし、ここでは馬券を獲る事を目標に真剣に予想してみたいと思います。
馬券も取れたら2度オイシイ有馬記念となりますよってに!!

出馬表@スポナビ

フルゲート16頭立て。
G1馬が11頭という豪華メンバーが揃い、昨年の年度代表馬アーモンドアイも参戦。
覚醒した女傑リスグラシューとの最初で最後の対決。
今年の3歳クラシック戦線で活躍した3頭。
ここが引退レースとなる6頭。

どこを切り取ってもドラマチックな要素満載な近年稀に見る素晴らしいメンバーが揃った今年の有馬記念。
それだけに馬券予想も難しい!!?

いや!

冷静に紐解けば数点まで絞れるはず!

調教後馬体重@JRAホームページ

リスグラシューが当日までに絞れているかが気になる所。ここが引退レースでもあり、調教を抑えたのかも??調教動画を見る限りでは動きは悪くはなかったです。
同じく引退レースのレイデオロ・クロコスミア・アルアイン・アエロリット・シュヴァルグラン。何れも走れる状態にはあるようですが・・・

今年の3歳世代の上位3頭が何れも参戦。皐月賞馬サートゥルナーリア、菊花賞馬ワールドプレミア、3冠レース皆勤で全て馬券内のヴェロックス。3歳勢の実績上位馬は有馬で好走する事が多いですが果たして・・・

そして昨年の年度代表馬アーモンドアイ。本来は香港G1へ向けて調整されていた所、熱発で回避。そこから有馬に切り替えて出走となりましたが、本来の調子で走れるのか・・・

楽しみでもあり難解なレースとなりそうな感じですが、私の頭の中は意外とスッキリとしています。

予想

逃げ馬が揃った今年の有馬記念。
牝馬のクロコスミア・アエロリットは逃げて持ち味を活かしてきたタイプでここも先行必至。そして牡馬の先行勢はG1馬キセキとスティッフェリオ。この4頭がすんなり折り合えるのかどうかがペースを決めるといえるでしょう。2500mという距離適性と当日の馬場状態(天気予報は雨)を考慮するとハナを行きそうなのはエリザベス女王杯3連続2着のクロコスミアと思われます。
という事で、スタートは外から逃げ勢が被せていく形になるので、内枠勢は意外とポジション取りに苦労しそう。

先行勢を見る形でスワーヴリチャード・レイデオロ・サートゥルナーリアあたりが続いて、その後にワールドプレミア・アーモンドアイ・ヴェロックス・シュバルグランといった差し勢が控えるかたちを想定しています。エタリオウは足を溜める戦法の方が良いと思うので、今回は控えてきそうな気がします。

悩むのがフィエールマンとリスグラシューの位置取り。5番6番という絶好枠ながら、スタートで内外から挟まれる形になり、スタートが遅れると後ろからの競馬を余儀なくされそうです。どちらもアーモンドアイよりは前目に行きたいと思うので、1週目ホームストレッチは位置取り争いで結構なハイペースかもしれません。

総じて外枠が不利な有馬記念ですが、今年は意外と外枠の方がスムーズに進めそうな気がしています。

では有馬記念の私の印馬の発表です。

◎アーモンドアイ

四の五の言わずに◎です。現役最強馬は初の中山競馬場でも最強を証明してくれるはず。2500mが課題とは言え、コーナーが多い中山コースでペースがやや速めで進めばもうこの馬の独壇場と思われます。オルフェーヴル以来の大差勝ちまで想像しています(=゚ω゚)ノ
頭固定でいったろかい!!

○サートゥルナーリア

3歳馬最強はこの馬と思っており、右回りなら負けなしで中山でのホープフルS・皐月賞では圧巻のパフォーマンス。レース間隔も程よく、調教もしっかり積んで動きも良かったです。10番枠で変にごちゃつく事も無さそうで、万全で臨むここは本来の走りを披露してくれそう。アーモンドアイを負かすならこの馬と思っています。

▲リスグラシュー

念願のアーモンドアイとの直接対決が実現。ここが引退レースとなりますが、調教も良く、わざわざ1日免許でレーン騎手を乗せる事も勝負を掛ける意気込みが伝わってきます。
懸念は初の2500mに中山競馬場。海外帰りで見えない疲れも出るかもしれません。ただ、実力通りに走れば宝塚記念のように勝ち負けになるでしょう。
最後も素晴らしいレースを期待します。

△ヴェロックス

今年の3冠レースでは全て馬券内。そういう馬は絶対的に強い。有馬記念に向けてしっかり調教を積んでいて、調子も良さそう。ここも確りと走り切ってくれそうです。この馬の一瞬の切れ味を存分に発揮出来るであろう中山コースは期待大です。でも勝ち切れない詰めの甘さが気になりますが、有馬記念でも馬券内に入る走りを期待です。

△△フィエールマン

昨年の菊花賞、今年の天皇賞(春)と長丁場G1を勝ち切っている点は評価。しかし、極悪馬場の凱旋門賞で走るの止めた点が気がかり。調教を見る限りでは動きは悪くないので、レースでちゃんと走ってくれるかが鍵ですね。当日は雨予想ですし・・・

△△△ワールドプレミア

今年の菊花賞はややレベル的に?な感じではありましたが、菊花賞馬は有馬では買えの言葉通り、馬券内には入れておきたい所です。前崩れになれば浮上しそうな気がします。でも、あって3着かな~。何となく。

思い切って切った

スワーヴリチャード
→前走がピークで今回のJCはメンバーレベルがいまいち。勝ち切った事は評価出来るが、これまで勝てていないメンバーが出てくる今回、相性の悪い中山コースでは切る!

レイデオロ
→世相馬券で買われそうだが、馬は完全にピークを過ぎてしまっているように見える。今回は初ブリンカー着用だそうで、引退レースで初着用とかマジか~と思ったけど、そうでもしないとちゃんと走れないという事。一線級が揃ったここでは買えない。お疲れ様でした。

キセキ
→あの極悪馬場の凱旋門賞で健闘7着という走り。それ故に反動と消耗が気になっていたが、案の定、調教の動きは重い・・・走る時はもっとパワーのある動きを見せる馬だけに・・・もったいないね(;^ω^)中山コースも相性良くなく、切る。

アルアイン
→距離長いです。引退記念参戦ですが、上手くいけば掲示板はあるかもしれないと思わせる調教の動きでしたが・・・2500はやっぱり長い。でも引退6頭では一番動けそうな感じがする。お疲れ様でした。

クロコスミア・アエロリット
→逃げて終盤盛り上げて直線無理せずに沈んでいくと予想。ここまで一杯しっかり走ってくれました。最後まで無事に走り切って下さい。お疲れ様でした。

シュヴァルグラン
→有馬参戦4回目。今年は完全にピークを過ぎた走りばかり。前走JCで伸びそうで伸びなかった辺りはもう引退しても良いじゃないかと思った程。今回は記念参戦色が濃い。お疲れ様でした。

買い目

アーモンドアイの頭固定でいこう!
馬単
⑨-⑥⑩

三連単フォーメーション
⑨-⑥⑩ー⑤⑥⑦⑩⑭

さてさて、有馬と言えば世相馬券予想も多いですが、今回はどんな事が当てはまるのでしょうか・・・

令和(れいわ)でレイデオロとワールドプレミアが多そう(;^ω^)

私は、今年の競馬界の象徴的現象で、ノーザンファームの馬が勝つと思います!

あ、12頭も出てた・・・

では皆様良い有馬記念を!
次回はホープフルSの予想と買い目記事で♪

ご精読ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました