第37回フェブラリーステークスの予想と買い目

競馬のはなし

令和2年、JRA最初のG1レースがやってまいりました。
第37回フェブラリーステークス

今年最初の予想と買い目記事です。

今年最初のG1レース、ビシッと当てていきたいですね~(^O^)

出馬表@スポナビ

16頭フルゲートでのレースになりました。
人気は3枠5番インティと6枠12番モズアスコット、それからサンライズノヴァ・アルクトス・ヴェンジェンスと続きます。

予想

インティ・ワイドファラオ・ケイティブレイブあたりが先行してペースを作りそうです。東京ダート1600mは芝スタートなのでモズアスコットもスピードの違いから先行グループに取り付くかもかもしれません。前走のような極端な追い込みにはならないと予想します。

インティは今回はハナを主張する可能性大です。ワイドファラオに騎乗する福永Jが無理に競りかけるというのは考えにくいです。展開としては昨年のチャンピオンズカップに似たようなものになる気がします。
なので、インティを捉えられる末脚が必要になります。後ろからでは届かない可能性が大ですので、ある程度前目から行かないと届かないです。そういう位置取りが出来そうで、尚且つ末脚が確り繰り出せる馬を馬券には絡ませたいと思います。

では今回の推し馬の発表です。

◎インティ

チャンピオンズカップで負けた2頭は今回は不出走。当時の4着以降とはかなりの力差があり、前走東海Sは乱ペースを嫌って抑えた結果のもの。ここは典型的な逃げ馬は不在で強引にマイペースに持ち込む公算大。馬券圏外は今回も考えにくく、本命に据えます。

○タイムフライヤー

ダートでの走りが板についてきた感があるここ2走は確実に速い末脚を繰り出せている状態。ここも位置取り次第とはなるが、最後の直線入り口からゴール板まではどの馬よりも速く駆け抜けてくれそうな、ハーツクライ産駒の成長力をまざまざと見せつける結果になるような気がするのです。
期待値から○にしました。

▲ノンコノユメ

一昨年のフェブラリーステークス勝ち馬。今は大井に転籍して毎レース一生懸命走っています。成績も安定していて、今の状態ならこのメンバーでも上位にこれそう。地方の馬場に慣れてしまっているのが気がかりですが、一昨年くらいの走りが戻っているだけに侮れません。ここも元気一杯に一生懸命走ってくれる事でしょう。馬券に絡んでくれたら嬉しいね~(^O^)

△モジアナフレイバー

こちらも地方馬。昨年末の東京大賞典ではゴールドドリームに先着して3着に入るなど、走るたびに成長している状況です。調教をみても調子は良さそう。パワー型の馬なので中央のダートが合うか走ってみないと分からないですが、合えば一発ありそうです。

△アルクトス

昨年の南部杯2着。東京ダート1600は得意。一線級との対戦があまり無いなかで、力関係が読めない部分が多いですが、コース適性が最大の魅力。ここを勝ち負けになるようだと今年のダート界の台風の目になりそうです。

以上です。

え?

モズは??

モズアスコットは??

はい、切りました。強いけど切りました。
前走は所謂ハマったレースです。出負けして後ろからになっても前崩れの展開になったことで、功を奏した形です。今回は自分から出ていくでしょうし、そうなるとタフな競馬を求められます。1400ならいざ知らず、1600はスタミナ面も求められます。最後垂れてしまう可能性大ですので、切りました。

買い目

三連単フォーメーション
④⑤-②④⑤⑩⑪-②④⑤⑩⑪

これで今年一発目予想ブログ当たってや~。

以上、ご精読ありがとうございました。
結果はyoutubeでまた公開しますので、よろしくお願いいたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました