第161回天皇賞(春)の予想と買い目

競馬のはなし

5月がスタートしました。
いつもと違う閑散としたゴールデンウイーク。
ステイホーム週間と銘打って外出自粛が続く中でも、競馬は行われるという事で、非常に有り難い事です。

そして、今週は伝統ある天皇賞。京都競馬場の3200mで行われる長丁場の一戦。楽しみな一戦の勝ち馬を予想していきます。

出馬表@スポナビ

14頭立てとなりました。
昨年のこのレースの覇者フィエールマンも参戦。人気になってます。
そして、前走で大きく出遅れて心配になったキセキも鞍上に京都巧者武豊ジョッキーを配して必勝態勢で挑んできました。
前哨戦阪神大賞典を勝ったユーキャンスマイルは先週の落馬で岩田康騎手から浜中騎手へ変更となっての参戦です。
小さな馬体の頑張り屋メロディーレーンは昨年菊花賞5着。今回もどこまで食い込めるでしょうか。

調教後馬体重@JRAホームページ

調教を見るとトーセンカンビーナ・キセキ・フィエールマンがよく動けているように見えました。
それが実戦に繋がるかどうかですが、実力は出せる状態とみます。

予想

前走出遅れたキセキがどういうスタートを切るかで大きく展開が変わります。すんなり出れば番手で競馬をすると思いますが、どうなる事やら・・・
予想としてはスムーズにスタートを決める前提でします。
ハナはダンビュライトとスティッフェリオのどちらかでしょう。だとしてペースは3200mとしてはやや早い目で行きそう。
そうなると瞬発力+スタミナのバランスが取れている馬が有利なのは言うまでもないですが、一番マッチするのはやはり人気のフィエールマン。実力を出せれば2番手はキセキ・ユーキャンスマイルという序列になるのですが、私が気になるのはメイショウテンゲン。
ダイヤモンドステークス➡阪神大賞典という長丁場レースを今年に入って2走している点は気になりますが、末脚を活かす競馬に徹して大崩れしていない点は評価出来ます。ここでも掲示板に入る可能性はあります。馬券に入ればオイシイですしね(=゚ω゚)ノ
という事で以下に私の印馬を挙げます。

◎フィエールマン

このメンバー構成なら逆らえませんです。今週から始めた複勝転がしの対象もフィエールマンでいきます。勝ち負けになるはずです。前に付けても後ろから行っても自在でしょう。
逆らえません。あとは無事に完走さえしてくれたらという所です。

〇キセキ

武豊ジョッキーが上手くコントロール出来れば、実力はフィエールマンと2強を張れるレベル。出来ればすんなりスタートを決めて前目で運びたい所です。そろそろ走る気を戻してきてそうな調教の様子でしたし、まともに走ればフィエールマンと勝ち負けを競えそうです。

▲ユーキャンスマイル

3番手ですが、ここにきてG1でも勝ち負け出来るくらいの成長を見せている点が素晴らしいです。本来的には2000~2400くらいの距離が適正なのでしょうが、上手く立ち回ればここも馬券内に来そうです。が、長丁場では信頼性は落ちるのも事実です。

△メイショウテンゲン

末脚勝負に徹して馬券内に入ってくれへんかな~という期待を持っての△です。ほんま、来てくれへんかな~(笑)

買い目

馬券は印馬で固めて買います。
複勝転がし対象レースとしてます。

という事で買い目は以下です。

複勝
⑭フィエールマン

三連単フォーメーション
⑧⑭➡⑦⑧⑭➡⑦⑧⑪⑭

結果

1着⑭フィエールマン
2着⑥スティッフェリオ
3着⑤ミッキースワロー

という事で撃沈です。
複勝はGet。と、トリガミでした。

あとがき

緊急事態宣言も延長されそうな状況で、競馬開催も無事出来るのかまだまだ予断を許さない状態ですが、今月末にはダービーもありますし、上半期で一番競馬が盛り上がる時期です。
無観客開催でも何でも開催維持で努力されている競馬関係者の皆さんには謝意しかありません。
今後もこの娯楽がある有難みを嚙みしめながら、あわよくばお金も稼がせて頂いて(^O^)このコロナ禍を乗り越えていきたいと思います。

とりあえず、5月のG1は全部取りにいきます。当然地方競馬も!

では今回はこの辺で。ご精読ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました