2020/6/24 帝王賞(Jpn1)の予想と買い目

競馬のはなし

今週は上半期を締めくくるレースがダートと芝の両方であります。
まずは大井競馬場で帝王賞が6/24(水)に行われます。

出馬表@楽天競馬

現在のダート界の中心馬がほぼ揃った感があるメンバー構成となり、馬券的にもレースも非常に楽しめそうです。

では早速予想していきます。

予想

前走かしわ記念を逃げ切ったワイドファラオがここも自分の形に持ち込みそうです。馬場も前日時点で不良でしたので、回復しても重馬場でしょう。すんなり先手でペースを握りそうです。
番手でルヴァンスレーヴ・チュウワウィザード・ケイティブレイブ辺りが追随し、中団でモジアナフレイバー・クリソベリル・ノンコノユメ・オメガパフュームといった面々が続きそう。あまり奇をてらった走りはしてこなさそうです。

問題は馬の状態で、ルヴァンスレーヴは復帰2戦目で上積みは十分見込めそうです。本来の走りが出来ればここでは勝ち負けになる存在です。
一方で海外帰り初戦となるクリソベリル。昨年は破竹の勢いでチャンピオンズカップ優勝を成し遂げ、今年のダート界はこの馬を中心に回ると思っていた所が、世界の競合が集うレースで完敗。この帝王賞がリベンジへの始動戦となります。国内で負けるならここかな~と個人的には思っています。

ここ目標に順調に進んで来れたのが大井では滅法強いオメガパフューム。昨年の帝王賞と東京大賞典という大井の2大競走を両方勝ってしまうという離れ業を成しています。ここも中心視するのが順当でしょう。

他にも大井のモジアナフレイバー・ノンコノユメ、長岡ジョッキーが合っているケイティブレイブ、展開がハマると強烈なチュウワウィザード等々、悩み尽くせるメンバーから私が選んだの下記の5頭です。

◎オメガパフューム

前走の平安ステークスが優秀な勝ち時計でレース内容も文句なし。ここに向けて怖いのは反動だけ。11番枠も問題無く、過去大井での2走はともに2分4秒台。今回も重馬場想定で同水準のタイムで走れそう。他馬で同水準のタイムで走破出来そうなのは数頭。この時点でかなり絞れます。後はワイドファラオが引っ張るペースが一番向きそうなのがこの馬という事で◎評価です。

〇クリソベリル

前走サウジCの経験がここで活きそう。出走する以上、出来はOKという事だと思うので、後はきっちり完走さえ出来ればオメガパフュームと勝ち負けを演じるような接戦になりそうです。ルヴァンスレーヴが今一つな感じなので、相手筆頭はこの馬で。

▲ルヴァンスレーヴ

かしわ記念はちゃんと走れるかどうかさえ分からない状態だったというルヴァンスレーヴ。直線では力尽きましたが、本来ならあの位置からグンッと加速して抜け出してくる所です。今回もまだ本来の出来には無いような気配が陣営からは伺えますが、それでも前走以上には走れる態勢と見ます。3着までに来てくれたら御の字ですが、持っているポテンシャルは前記2頭以上ですのでひょっとしたらという期待込みで▲評価です。

△ワイドファラオ

ズバリ単騎逃げは買っておけ。かしわ記念の逃げ方は鮮やかでした。自分のペースで行った時はかなりしぶとい様子。問題は2000mという距離ですが、単騎逃げなら何とかなるかもしれない。そして逃げ粘る場合は馬券内に残るかもしれない。という事で△評価です。特に地方は逃げ得な場合が殆どですからね。渋れば尚更です。

△ケイティブレイブ

これは完全にケイティブレイブ×長岡ジョッキーが好きなので応援の意味も含む△です。とは言え、出来さえ良ければ普通に馬券内に入れる力を持っています。ただ2走続けてマイル戦だったので、落ち着いて追走出来るかがポイントでしょう。ぜひとも此処もあっと言わせる好騎乗を期待します!

以上5頭で馬券を買っていきます。

買い目

今月のYouTube企画で3連単軸2頭マルチで買っていきます。

軸は⑧⑪
相手は➁④⑭
以上18点で勝負です。

結果

※レース後に更新します

あとがき

上半期も今週で終わり、無観客開催のまま夏競馬突入していますが、JRA発表ではどうやら9月まではこのままでいきそう。地方も同じ判断となるのではないでしょうか。どちらも観客動員には慎重のようです。仕方ないですね~(;^ω^)

さて、今週末には宝塚記念です。こちらも豪華なメンバーが揃いそうで楽しみです。また予想と買い目記事を金曜夜に配信予定です。

では今回はこの辺で。
ご精読ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました