2020/6/28 宝塚記念(G1)の予想と買い目

競馬のはなし

早いもので今年の上半期を締めくくるG1レース、宝塚記念が今週末に迫って参りました。今年の宝塚記念はフルゲート18頭立て。G1 ホルダーが7頭という豪華メンバーの競演となりました。
上半期最後のG1レース、予想も馬券もきっちり当てて締めくくろうと思います!!

出馬表@スポナビ

予想

展開としてはキセキがスタートを決めればハナに行きそうですが、ダンビュライトも今回は前に付けそう。いずれにせよ、ドスローペースは考えにくいです。
馬場は天候次第ですが、まとまった雨でなければ稍重開催が濃厚です。少し時計の掛かるレースとなる予想です。

各馬、あまり奇をてらったポジションを取るとは考え辛く、大方の想定通りの位置で進めていく気がします。気になるのは大外に入ったブラストワンピースがどう仕掛けるか、調教は良く今回は勝ちに行ける状態と見ます。今週の帝王賞を勝った川田騎手がどう乗るのか注目です。
逆に馬場が悪くなってきている内枠を回らされる事になるであろうグローリーヴェイズやサートゥルナーリアは立ち回りに気を使いそう。
大阪杯のワンツー、ラッキーライラックとクロノジェネシスは今回も展開に恵まれそうで他馬を見ながら優位に進められる枠である事は注目です。

そんな中から私が選んだのは下記5頭です。

◎サートゥルナーリア

死角らしい死角が今回ありません。レース間隔良し、調教良し、枠良し。唯一の敵は天候。土砂崩れの雨でもなければほぼ勝てると思います。自然と前目のポジションを取れる点も内回り向きで、余程大きな不利でもない限りは内枠も問題無いでしょう。
年度代表馬を狙える存在ですから、ここからG1連勝スタートといけば良いですね。

〇ラッキーライラック

大阪杯の勝ち馬。今なら同期アーモンドアイとも良い勝負が出来るでしょう。秋はそのアーモンドアイとの直接対決を期待します。その前にそのアーモンドアイを凌ぐ能力を持つサートゥルナーリアとの直接対決となりました。どんな勝負になるのか楽しみです。甲乙付け難いですが、◎に比べてやや距離適性に欠く印象で〇評価に留めました。

▲ワグネリアン

阪神とは相性の良い、ダービー馬。この距離は最も走りやすそうで、ここは狙い目です。ただあまり雨はよろしくないタイプなので降らない事を祈ります。ただ本当にここは狙い目と見ています。

△ブラストワンピース

宝塚記念といえばピンク帽。そう大外枠の8枠に入った馬の成績が群を抜いて良いのです。過去10年で7勝(笑)これはもう勝ったも同然か??
しかし注意点はフルゲートになりにくいこのレースでの傾向と、勝ち馬以外は内枠が馬券に絡みやすい点です。つまり勝つか着外か。非常に馬券泣かせな枠に入ったブラストワンピースなのです。さて今回は・・・

△グローリーヴェイズ

久々の出走となりますが、調教を見る限りでは馬は出来ていそう。昨年の香港V以来のレースですがそこさえクリア出来れば十分に馬券内に入る力を持っています。重馬場でもスタミナ勝負になればむしろ有利なんではないかと思われる母系です。ここを勝ち負け出来るようなら秋以降も非常に楽しみです。

以上、5頭で馬券は買っていきます。

買い目

6月企画の三連単軸2頭マルチ買いもここがラスト?のはずで、キッチリ獲りきりたいですね。さて馬券は以下の通り。

軸⑤⑪
相手➁⑦⑱

合計18通りです。さてどうなる事やら・・・

結果

※レース後に更新します

あとがき

無観客開催はとりあえず7/19までは続くようです。予告期間が短くなりましたね。入場解禁も間近かもしれませが、依然として感染者は出てきており予断を許さない状況ではあります。
しかしながら、早く競馬場で観戦したいのも偽らざる気持ちです。
速く安心して日常生活が出来るようになって欲しいですね。

宝塚記念が終わればしばらく夏のローカル競馬が続きます。2歳戦も始まっており、来年のクラシック戦線を賑わすであろうスター候補が続々登場してくるでしょう。そこも楽しみの一つです。

まずは暑さに負けないよう体調管理をしっかりして臨もうと思います。
皆さんも暑い夏を楽しく過ごせるよう、ご自愛ください。

では今日はこの辺で。

ご精読ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました