スポンサーリンク
モッピー!お金がたまるポイントサイト

最近よく聞くICOって?

こんばんわ。Crypto Funです。

今日は最近よく耳にするようになったICOについての話です。
今朝の日経朝刊にも記事があり、目を通した方も大勢いると思いますが、基本的な事と私が実際参加したICOセールも交えて話していこうと思います。

スポンサーリンク

ICOって?

ICO=Initial Coin Offering
新規暗号通貨公開といって、企業が独自の暗号通貨(トークン※)を発行して資金を調達する方法の事です。

一般的な新規株式公開(IPO)のように、証券会社を仲介した資金調達方法と違って、ダイレクトに投資家から資金を集める事が出来る次世代の方策です。

※トークン=ブロックチェーン上で発行出来る独自のコインを総称してこう呼ばれています

トークンICOに参加する方法は各発行体によって違いますので、それぞれのHPやSNSで確認が必要です。
先日、私が参加したStatusのICOはMyEtherWalletを使ってイーサリアムで購入しています。

私が参考にしているICO情報サイト▼
ICO Countdown ⇒ICOスケジュールが確認出来、各発行体のサイトも行ける
ICO Stats ⇒過去のICO価格と現在の価格を比較出来る

ICOが注目される訳

発行者と購入者それぞれに大きなメリットが期待されているからです。

◎発行体側メリット

  • 仲介業者(銀行や証券会社等)を通さずに直接的に資金集めが出来る為、余計なコストが掛からない
  • 発行トークンに対して配当や利息が基本的に不要
  • 仮想通貨ブームで目論見以上の資金を調達出来る状態
  • 自社のサービスを市場に直接売り込む事が出来る

◎投資家側のメリット

  • 購入したトークンが将来的に大幅に値上がりする可能性がある為、上手くいけば億万長者になれる
  • 海外有望ベンチャービジネスに簡単に投資出来る
  • 取引所へ上場前に割安で買い付け出来る事が多い

要するに双方にとって、これまでの仮想通貨市場は儲け易い環境になっていたという事です。

注意したい事

現在、ICOを実施する発行体は海外企業ばかりですので、ほとんどが英語資料となります。ですので、情報収集のハードルは少し高いです。しかしながら、日本語訳で詳細に解説されている方もいらっしゃるので興味があるものは積極的に情報集めに勤しみましょう。

また、これだけ注目されるICOですから、悪巧みを考える輩がいるのも事実です。
先日HYIPの詐欺被害に関しての記事を書きましたが、これまでよくあったビットコイン等を使った高利回り案件から、最近はICO絡みの不審な話が多くなっています。
以下は注意したいケースです。

  • ICO前のプレセール
  • ICOの代理購入
  • ICO予定案件への投資話

以下はICOセール時の実際あった詐欺手法です。

  • セールオープンの混乱に乗じた偽払い込みアドレスツイート
  • 偽サイトへの誘導ツイート
  • ICO発行企業の成りすまし

どれも事前に情報収集に努めていれば回避できるものです。ICOセールに参加される方はしっかり準備しておきましょう。

ICOセール

では実際のセール時はどういったものになるかという話です。

ICOセールは一定の発行上限かセール期間が設定されていますので、そこに到達した時点でセール終了となります。
人気案件であればセールスタートから数分で終了という場合もあります。
先日のStatusなんかは殺到し過ぎて、送金が承認されずに時間だけが過ぎるという事態になってました( ̄◇ ̄;)

ICOセールに参加する為には、各発行体が指定した事前登録が必要です。
主に本人確認とメールアドレス登録となってます。
また、購入時指定通貨と最低購入金額設定もあるので要チェックです。
※ビットコインかイーサリアムが殆んど対応しています。
※法定通貨のみを指定している場合は怪しいです。

今後のICO

最近はICOが乱立しており、何がほんまもんか見極めるのが難しくなっています。
買ったは良いけど、全然儲けにならないという事態も多くなるような気がします。

そんな中でも皆が注目するものがあれば、ここでも紹介していこうと思います。

それが何かしらの参考になれば嬉しいです。

最後に、これは自分にも普段から言い聞かせている事ですが、突っ込み過ぎない事

投資は余剰資金で!という事です。

では皆さん楽しいCoin Lifeを♪

スポンサーリンク
Ledger Nano S(レジャーナノエス)

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローしてね