スポンサーリンク
モッピー!お金がたまるポイントサイト

Coincheck貸仮想通貨のやり方

こんにちわ
Crypto Funです。久しぶりの更新となりまして、どうもすみません。
暑さに弱い体質なのに祭り好きが祟って、ブログを書く余裕などありませんでした・・・

今回は以前にPoloのLending実績紹介の中で書いていたCoinCheckの貸仮想通貨サービスのやり方について、個別の記事にして欲しいという要望がありましたので、移植しました。

えぇ、手抜きです(笑)

スポンサーリンク

Coincheckの貸仮想通貨

Coincheckで取り扱い中の仮想通貨全てが貸仮想通貨サービスの対象となりました。
そこで、まずはBTCを少々貸し出してみましたので、概要を説明します。

まずはCoincheckでアカウント開設してある事が前提です。
未開設の方はこちら▼から

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

貸仮想通貨アカウント

PCでログイン後、右上の取引アカウントのプルダウンメニューから貸仮想通貨アカウントをクリックします。

貸仮想通貨アカウント画面に変わります。

貸し出したい通貨は取引アカウントから振り替えます。
画面下の振替をクリックすると下図画面になるので、取引⇒貸仮想通貨にして任意の通貨の数量入力して残高を移動するをクリック。

※時価で10万円以上でないと貸し出し出来ませんので注意してください。

コインを貸す

貸仮想通貨ページのホーム左側メニューにあるコインを貸すをクリック。

それから先ほど振り替えた通貨を選択して、貸し出し期間を選択します。

後はCoincheck側で承認されると貸し出し開始され、期間満了で返却されるようになっています。

PoloのLendingに比べると入出金操作しやすく、日本語なので分かり易いです。
それにXRPはこちらの方が遥かに収益率が高いです。

如何でしたでしょうか。
現物売買と違って収益は微増ですが、堅実な増やし方ではあると思います。

Gox※の可能性はゼロではないですが、私はある程度大きめにの資金配分して今後も運用していきます。

※Gox=暗号通貨界で使われる隠語。資金が無くなるの意。

最後に

ビットコインがどうなるか分からない時期に情報配信記事が無かったという事で、飛んだ説が一部で流れていたようですがww

冒頭の体調不良で本当に記事更新どころではありませんでした・・(@o@ !!

私自身が知り得た情報は簡単にLINE@で随時配信していますので、気になる方はご登録お願いします。

友だち追加

まだまだ暑い日が続いて参ります。皆様、どうかお体ご自愛下さり、暗号通貨Lifeを楽しんで下さい。

ではまた♪

スポンサーリンク
Ledger Nano S(レジャーナノエス)

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローしてね