スポンサーリンク
モッピー!お金がたまるポイントサイト

暗号通貨の時価総額を調べたい時に見るサイトをご案内

明けましておめでとうございます。
2018年もよろしくお願いします。

新年早々バタバタしておりまして更新が今日になりました。

さて、2018年の書初めは【時価総額】としました。

個人的にはこれがCrypto currency界の今年のキーワードと思っています。

なぜ時価総額なのか?という所は次回の記事で詳しく書くとして。

今回は暗号通貨の時価総額を調べたい時に見るサイトをご案内させて頂きます。
暗号通貨取引をされる方は既に知っておられるかと思いますが、まだ始めたばっかりという方も多いと思いますので参考にして頂ければと思います。

スポンサーリンク

Coinmarketcap(コインマーケットキャップ)

時価総額を見る時の代表的サイトです。
正式名称はCryptocurrency Market Capitalizationsという長ったらしい表示なのでCoinmarketcapという略称がよく使われます。Coin

通貨単位でも見れますし、暗号通貨全体の時価総額も分かり易いサイトです。
時価総額ランキングサイトとしても定番です。
ビットコイン等の主要通貨の時価総額における占有率(ドミナンス)チャートはよく引用されます。

↓ドミナンスチャート

日本円表示は選択出来ますが、日本語表示は非対応です。

CoinCap(コインキャップ)

Real-time cryptocurrency market cap rankings, trading charts, and more.

こちらも時価総額を知る事が出来る定番サイトです。

ランキング形式に表示され、全体の時価総額の上部表示されているので見易いです。

日本語表示にも対応していますので、私はこちらを参照する事が多いです。
当然、日本円表示も出来ます。

CoinGecko(コインゲッコー)

ビットコイン等の主要通貨の価格をgoogle検索すると上位に表示されやすいのがこのCoinGeckoです。こちらも時価総額が分かり易いです。

ハッシュアルゴリズムや開発アクティビティ、コミュニティでソート出来るという特徴があります。

個人的のにはCoinGeckoのキャラクターが何なのか気になる所ではあります。

亀?恐竜?まさかのカエル?とにかく爬虫類のようです。

何せ特徴的なランキングサイトです。

まとめ

時価総額表示サイトの中でも代表的な3サイトを紹介しましたが、どこも微妙に数値が違う事に気づかれたと思います。

集計方法の違いからくるものですが、概ねそのくらい値と思ってみていけば良いと思います。

次回は何故、私が今年のキーワードに時価総額を選らんだのか、
その事について記載しようと思います。

最後に現在の暗号通貨全体の時価総額チャートを載せておきます。

いやー凄い!!

ではまた。

スポンサーリンク
Ledger Nano S(レジャーナノエス)

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローしてね