スポンサーリンク
モッピー!お金がたまるポイントサイト

暗号通貨?仮想通貨?

こんにちは。Crypto Funです。

巷に溢れる仮想通貨という文字や音声。最近は毎日、見聞きしますよね。
でもちょっと待って~。

仮想通貨って言葉、ホンマに合ってるの?

スポンサーリンク

Crypto Currency

英語表記するとこうなります。直訳で暗号通貨です。
だったら暗号通貨が正式なんじゃないの?

ビットコインやイーサリアム等、暗号理論の元に取引安全性を確保して、新規発行を制御されている通貨を一般的にCrypto currency=暗号通貨として表現されます。

ですので、最近よく聞く仮想通貨は全てこの暗号通貨を指していると思います。

仮想通貨と表現するとnanacoやiD等の電子マネーも含まれる事になります。
これらは円という法定通貨と等価の代替手段です。

でも、政府が発信するものは殆んど仮想通貨で表記されています。
(いや寧ろ全部かwww)

政府も仮想通貨と言っている

下記は金融庁HPに掲載されている改正資金決済法のPRポスターの一部です。
※このポスター、一読をオススメします

がっつり仮想通貨って書いてありますww

確かに仮想通貨でイメージは間違いはないのやけど、さっきも言ったように電子マネーも含まれてしまって変じゃない?
さらに日本得意のガラパゴス化になりませんかね? 😛 

海外に出て仮想通貨=Virtual Currencyって言うても通じるんやろか?
多分通じないと思われるので注意しましょう。
まぁ、相手が暗号通貨界隈の人なら察して理解してくれるでしょうがw

日本では仮想通貨=暗号通貨で使われるので使用上は問題ないんでしょうが、私は気になります。

正式は暗号通貨

その仕組みからCrypto Currencyと表記されます。

ですので、ビットコイン等を指して表現するなら、やはり正式な日本語名は暗号通貨となります。
皆さんここ重要ですよ。

もし、何かの営業や勧誘でビットコイン等を指して【仮想通貨】という言葉を使う方がいたら指摘してやりましょう♪

言葉の意味を知る

私は色々な言葉の持つ意味というものを確り理解する事を大事にしています。

こういったブログで情報を発信する事や新聞、HP、テレビなど、あらゆる発信者は使う言葉の意味を理解していないと思わぬ誤解を生む事があります。

日本では何となく理解されても海外では違った意味で認識されるという事は実体験として数知れずあります。

まだまだ認識不足が多い暗号通貨業界。

政府や多くのメディアがそういった点も理解して注意して情報配信してくれる事を切に望むばかりです。

以上、Crypto Funでした。

お読み頂きありがとうございました。

スポンサーリンク
Ledger Nano S(レジャーナノエス)

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローしてね