スポンサーリンク
モッピー!お金がたまるポイントサイト

暗号通貨取引における税金の話

こんにちくわ!!

Crypto Funです。あっつい夏も終わりまして体調上向きでトレードも順調にこなせるようになってきました。
どんな仕事も体が資本ですね~。

でもそろそろ、気になる時期になってきました。
何が?って、『税金』ですよ♪

小生はここ数年は続けて確定申告をしておりまして、この時期になると各種取引履歴やら領収書やらを纏めにかかるのですが(毎月やれよって話ww)
さて、暗号通貨関連の税金計算ってどないすんえ?ってなってます今。

という事で、暗号通貨取引に関する税金の話を調べてみました。

スポンサーリンク

雑所得に区分されます

国税庁HPのタックスアンサーに記載があります。

という事で単純にいうと取引利益が20万円超で確定申告必須ですね。
あぁ、纏めなきゃ・・・・超えてるよ・・・めんどくせ~

ただ、当記載にはビットコインを使用することで生じた利益とあるので、ビットコイン限定か?という思う方もいるのかもしれませんが、暗号通貨全般が対象と考えるのが妥当でしょう。

例えばBTC⇒ETHで利益が出たら課税対象。
でもこの時の円価格で計算しないとアカンのよね~。めんどくせ~www
せめて円交換した時点での課税に改めて欲しいもんです。

他にもBTCでお買い物した場合で利益が出ていたら課税されるそうな。
例えば、1BTC=5万円時点で購入した1BTCが10万円に値上がりしたので、ビックカメラで10万円相当の電化製品をBTC払いで購入⇒5万円分が利益となっているので課税

色々ややこしそうなので、こつこつ取引履歴を纏めていくとします(ノω・、) ウゥ・・・

何か認識違ってたら指摘下さい。

参考にしたもの

税金に関して素人な私は詳しそうな人たちのブログやらHPをみて回ってたのですが、この方のブログが一番的確で詳細だと思うので紹介します。

今日は玲奈が国税庁HPに公開されたタックスアンサー「ビットコインを使用することにより利益が生じた場合の課税関係」について解説しようと思います(๑•̀ㅂ•́)و✧ ※あくまで玲奈個人の意見であることをご承知置き下さい♡

ブックマーク必須のtwitterフォローも必須。

“フォロワー9000人超えました❤️ 記念に玲奈の特殊能力を公開します(๑`・ᴗ・´๑) ・英語(TOEIC満点) ・韓国語 ・中国語(少々) ・スペイン語(あいさつ程度) ・税金(科目合格3科目) ・会計(簿記一級) ・世界史(二級) ・日本史(二級) ・スノボー(JSBA二級)”

何と言うか、スゲーの一言。

暗号通貨界隈で活躍する女性はもしかしてハイスペックだらけなのか!?

今後も目が離せません!!

あ、暗号通貨の未来の話ですよwww

でわ今日はこの辺で♪

スポンサーリンク
Ledger Nano S(レジャーナノエス)

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローしてね