スポンサーリンク
モッピー!お金がたまるポイントサイト

Wirexカードの作成方法

こんにちわ。Crypto Funです。

ビットコインを買ったは良いけど、どうやって活用したらいいか分からない・・
そんな方は結構いるんじゃないでしょうか。

そういう時に便利なのがビットコイン対応のデビットカードです。
今日はその中から私も使っているWirexカードを紹介させていただきます。

スポンサーリンク

Wirexカードとは

Wirex Limitedというロンドンにある会社が発行しているデビットカードです。VISAブランドを搭載しており、ビットコインユーザーから絶大な人気があるカードです。

お手持ちのビットコインをWirexカードのビットコインウォレットへ送金するだけで、VISA対応店舗でショッピングが楽しめます。
また、ATMで現金として引き出す事で、多くのお店を使うことが出来ます。

特徴を下記します。

  • 発行枚数は全世界で3000万枚超
  • 2500万台以上のATMで使用可
  • 米ドル・ユーロ・ポンドに対応している
  • 円安局面であれば日本国内では優位
  • サイトが日本語対応なので使い易い(やや変な日本語は大目に)
  • メールサポートが丁寧だが時間を要する(返信に2日程かかった)
  • スマホアプリで操作出来るので便利
  • 月額手数料が1$かかる

今ならプラスチックカード発行手数料25%割引中

カード作成手順

①Wirexサイトにアクセス

こちらからアクセスして下さい。

無料でサインアップをクリック

名前・苗字をローマ字で入力する。
メールアドレスを入力する。
任意のパスワードを入力する。
私はロボットではありませんにチェックする。
アカウント作成をクリックする。

②承認メールを確認

登録したメールアドレスに確認メールが送られてくるので、comfirm emailをクリック。

③電話番号を登録

次に電話番号を登録します。

入力後に送信するをクリック。

④2段階認証を設定する

Wirexサイトのトップからログインします。
ログインは登録したメールアドレスとパスワードです。

ログイン後に強化されたセキュリティを追加から2段階認証設定を行います。

プロフールページに移るので2要素認証を有効化します。
※Googleの認証システムアプリを事前に準備しておいて下さい。

⑤プラスチックカード発行手数料を入金しておく

ログイン後の画面(ダッシュボード)に移ります。
先にプラスチックカード発行手数料をビットコインで送金しておきます。
カード発行手数料は通常配送で17$、高速配送で50$です。

資金を追加をクリックします。

他のビットコインウォレットから上記画面に表示されるアドレスへ送金します。

⑥プラスチックカードを注文する

ダッシュボードのカードを注文するから、USDプラスチックカードを選択します。

次に個人情報の確認をします。名・姓・生年月日と右上にBTC時価での必要額が表示されているので確認して下さい。先に入金した分が不足していないか確認しましょう。

ステップ2では配送先の確認です。
※住所は英語表記ですので変換サイトを使用すると便利です。
住所1には番地
住所2には市区町村名
カード配送方法はどちらか選択して下さい。下図は追跡付き(速達)を選んでいます。

ステップ3は支払い方法の選択です。
先に入金を済ませたWirexビットコインアカウントからの支払いを選択しています。
合計額を確認して要約を表示をクリック。

次の画面で入力内容を確認して問題なければお支払いの確認をクリックして注文完了です。

スポンサーリンク
Ledger Nano S(レジャーナノエス)

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローしてね